サンライズ・パーティ/ケニー・ロギンス&スティーヴ・ペリー   Don’t Fight It /Kenny Loggins & Steve Perry

眠い。疲れた。
この記事は約3分で読めます。

こんにちわ、タイガーです。

このお話は音の力を味方にしている、タイガーの実体験をもとに構成されています。

みなさんも音の力を味方にすることをおすすめします。

このブログの見かた

年内最後の更新になります。

このブログ

実はこのブログは。。。5月からやってるんです。

なかなかグーグルの審査も通らず、方向転換を行い。。。

2021年12月3日 12:13に再開しました。

上手くいかない事や、動画を加えたり、画像をいれたことによって審査から遠ざかっていました。

が。。。音の力を味方にすることによって!

審査に合格することが出来て、今に至ります。

今年は仕事の都合で今日で最後の更新となりますが、また2022年も音の力を味方にしていきますので、よろしくお願いいたします!

3大スター

良く言われてるのは、ケニー・ロギンスとスティーヴ”・ペリーのデュエットソングとして有名なんですけど。。。

もう一人忘れています。。。ニール・ジェラルドがいての名曲です。

ケニー・ロギンス(Kenny Loggins)

1984年、映画”フットルース”主題歌”フットルース”が全米1位を獲得。

1985年、USAフォー・アフリカに参加”ウィー・アー・ザ・ワールド”を歌う。

1986年、映画”トップガン”の主題歌”デンジャー・ゾーン”が全米第2位。

と映画のサントラで有名ですよね。

このアルバムにサンライズ・パーティが入ってます。

スティーヴ・ペリー(Steve Perry)

世界的ロックバンド・ジャーニーの元ヴォーカリスト。

1981年、”クライング・ナウ”全米4位、”ドント・ストップ・ビリーヴィン”全米9位。

1982年、”オープン・アームズ”全米2位。

1983年、”セパレイト・ウェイズ”全米8位。

1984年、ソロアルバム”ストリート・トーク”から”Oh, シェリー””フーリッシュ・ハート”のヒット。

これに”Oh, シェリー”が入ってます。

超名曲なんで後日ご紹介します!

ヒット曲多すぎて書ききれません。。。。

ニール・ジェラルド(Neil Giraldo)

パット・ベネターのバックギタリストであり、パット・ベネターの夫です。

このニール・ジェラルドが天才的なギターサウンドを作り上げるんです。

そしてこの曲も素晴らしいのはニール・ジェラルドのギターが好きで好きな気がします。

パット・ベネターのベスト出しときます。

サンライズ・パーティ

何故?サンライズ・パーティって題なのか不思議なんですよね。

”Don’t fight it”が正しい題名です。

戦えじゃなくて戦うななんですよね。

押さえつけてきた感情に逆らわないでっていう意味なんで、戦いとは実は関係ありません。

 

が、歌詞じゃありません。

だって、音の力を味方にしているので。。。

確かに、ケニーとスティーヴの掛け合いは最高です。。。が。。。。

とにかくギターが最高なんですよ!

どうしたら、こんなリフの雰囲気が思いつくのか。。。本当にニールのギターは素晴らしい。

方法

仕方ないな~~教えましょうか。。。

ふふふ。。

 

いつもと同じく。。。

聴くだけです。

 

音源

先ほどもだしました。

ハイアドベンチャー

この曲だけで買うのも全然、僕はありです!

だって

音の力を味方にしてるんで。。。

聴くだけでカリフォルニアの太陽は降り注ぐわ。。絶好調になります。

これね。。終わり方もめちゃカッコいいです。

とにかく。。。ギター最高です。

 

音の力を味方にしてるなら。。。最高の気分になれますよ!

 



 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました